EU及びロシア・CIS諸国へのゲートウエイ

• ロシアに接するヨーロッパ連合の境界

• 不凍港

• ヨーロッパで最も急速に成長する空港

• 統合され、高度に発達した輸送基盤


物流面において、ラトビアは北ヨーロッパでビジネスを開始するために、最適の位置にあります。リ

ーガはバルト三国最大の都市であると同時に、地理的にもバルト三国の中心に位置しています。こ

の位置関係がラトビアの経済的繁栄の歴史的基盤です。さらに、ラトビアはロシアと国境を接するE

U3国の1国であり、東西貿易の最適地です。バルト縦断ハイウェイが国中を走り、貨物輸送の

重要路であるモスクワへのハイウェイと交差しています。これら道路はリガ国際空港につながってい

ます。急速に成長するリガ国際空港は60箇所以上の直行便を持つヨーロッパ屈指の首都空港で

す。


シベリア横断鉄道はモスクワよりリーガに伸び、両都市を最短ルートでつなげていますが、ラトビアと

ロシアは同じ鉄道ゲージを使用しているため、増大する物資輸送を容易にしています。


ラトビアの重要な財産として海路が挙げられます。ラトビアには3つの国際的不凍港があります。こ

れら不凍港は鉄道、道路及びパイプラインにより国内の産業施設に接続しています。